ローコストで注文住宅を建てる方法は?標準部材で希望の住宅が実現できる?


ローコストで建てるための基本を知る

住宅を好きなように建てられるのが注文住宅の魅力ですが、何もかも自由に決められるわけではなく建築基準法に基づいた設計が必要になります。注文住宅では希望を建築士などに伝え、建築士は希望をかなえながらも法律に基づく設計をしてくれますが、そのまま設計するとどんどんコストアップするときもあります。そこで知っておきたいのがローコストの住宅の基本でしょう。住宅には一定の耐震性が必要になりますが、複雑な形状にすると耐震性を維持するための柱をたくさんつけなければならずコストアップにつながります。正方形なら耐震性が高いので、柱を減らせコストも減らせるでしょう。三階建てより二階建ての方がコストがかかりにくい情報も持っておくと良いでしょう。

標準部材を組み合わせて希望を実現

注文住宅の全てを注文者の希望通りに建てようとすると、木材などの部材もその住宅のためだけに切り出す必要が出てきそうです。部材には標準部材のように安価で多く出回っているものもあれば、特注のように高くなるものもあります。ローコスト住宅を建てるのであれば、いかに標準部材を使って希望を実現するかを考えた方が良いかもしれません。ローコスト住宅を専門に建てる住宅会社においては、注文者の希望に合わせて提案をしてくれるので、標準部材を使いながらも他にはない自分だけの住宅を建てられます。優先順位などを伝えておけば、どの部分にはよりいい部材を使って、別の部分には安価な部材を使うなどによってコストダウンも可能になるでしょう。

住宅といえば人生で一番高い買い物と呼ばれます。しかしながら最近では材料費や人件費などのコストを最小限に抑えたローコスト住宅も登場しており、需要と人気も高まってきています。