住宅ローンを活用しよう!知っておくべきポイントとは?


注文住宅を建てるなら最初に金融機関へ

注文住宅を建てようと思い立ったときには、最初に住宅業者に相談するというケースが目立ちます。確かにどんな家をどのくらいの予算で建てられるのかを知る上では重要なことです。しかし、そもそもどのくらいの予算で家を建てられるのかが想像できるでしょうか。自己資金で建てるという場合には予算が明確ですが、大抵の場合には住宅ローンを利用して注文住宅を建てています。住宅ローンでいくら借りられるかがはっきりとしていないと、住宅業者に相談したところで具体的な商談を進めていくことは困難です。まずは土地を探そうという考えを持った場合にも同様で、予算をまずは決めるという考え方が欠かせません。最初に行くところは金融機関だと覚えておきましょう。

住宅ローンを比較して決めよう

住宅ローンは各金融機関がそれぞれ異なる内容のものを提供しているため、比較してより良いものを選び出すことが大切です。固定金利が良いか変動金利が良いか、あるいはそれらを組み合わせた特殊な金利になっているものが良いかをまず考えるのが良いでしょう。また、借りられる上限額や金利も金融機関によって若干違っていることが多いので、興味のあるローン商品を提供している金融機関がいくつか見つかったら仮審査を受けてみましょう。その結果に基づいて返済シミュレーションをしてみたときに、このくらいの負担なら大丈夫というものがあればその商品が候補になります。このようにしていくつかの候補を持っている状態で注文住宅の相談を始めると具体的に話を進めやすいでしょう。

1日の中で、自邸で一番多く過ごす場所はどこですか?キッチン?リビング?バスルーム?あるいはガーデン?どうせなら、そこから港が見えて夕陽を眺められたら。横浜の注文住宅ならそれを叶えることができます。