マンションを買うなら間取りと立地のどっちが重要?より良い物件を探し出そう!


間取りと立地はどっちが重要か

マンションを買うときに間取りも立地も理想的なものを選ぼうとしてもなかなか見つからないことがよくあります。どっちが重要だと悩むケースは多いですが、どちらかを極端に疎かにしてしまうと後悔してしまうのは明らかです。適当な落とし所を見つけなければ満足できないということは理解しておきましょう。まずは間取りも立地もそれなりに満足できる条件が揃っているマンションを探すところから始めるのが大切です。

可変性を考えて決めよう

やはり適当な物件がないからどちらを優先すべきかと考えたら、確認しておきたいの可変性です。マンションの規約を確認して、リフォームが可能かどうかを確認してみましょう。もしリフォームしても良い仕組みになっているなら、間取りは妥協して立地で決めるのが賢明です。この間取りではやはり不満ということになったらリフォームして住みやすい形にすれば良いと考えられるからです。立地は後から変更することはできないので、優先順位が高くなります。

一方、規約を見たらリフォームは不可、あるいは大きなリフォームは認められないというような記載がある場合には間取りの方を優先するのが無難です。住まいを快適にするためには場所が良くても中がイマイチでは満足できないでしょう。逆もまた然りではあるものの、概して間取りを妥協してしまったケースほど苦労をしています。どっちを優先すべきかで悩んでいるのなら、可変性がないときには間取りを優先しておくと失敗ば少ないのです。

小牧のマンション物件は都市部と郊外で家賃に大きな差があります。これは都市部の再開発が進み、リフォームや新築の物件が増えたためです。そのため、都市部の物件ほど家賃が高額化しています。