注文住宅はどうやって建てる?設計の基本を知っておこう!


住みやすい間取りを考えよう

注文住宅を建てるときには間取りを自由に決められます。それが最大のメリットでもあるので、できる限り住みやすい形に仕上げられるように努力しましょう。どんな間取りにしたら住みやすいかは生活スタイルや家族構成などによって大きく左右されます。家族それぞれが独立した感じで生活しているなら、個々の寝室を広くして互いにあまり干渉し合わないで済むように部屋をレイアウトした方が良いでしょう。一方、家族の仲が良くていつも一緒の部屋で談笑しているというのならリビングを十分に広くしてコミュニケーションの場にするのが魅力的です。たとえその影響で寝室が狭くなったとしても、寝るだけの場所だから大丈夫と考えることができます。

家事の動線も考えて設計しよう

住みやすさと直結する重要な要素として考えておきたいのが家事の動線です。掃除や洗濯などの家事をスムーズに行えるようにレイアウトされていると、家事の負担が軽減されます。料理をするキッチン、洗濯をする脱衣場、洗濯物を干すベランダなどを行き来しやすいように設計しておくのが賢明です。特に水回りは近くにしておくと配管が短くて済むので建築費用も安くなります。トイレや風呂などの掃除も欠かせない家事の一つなので、他の家事と並行して行いやすいようにしておくのが大切です。このような設計は実際に家事を担当している人でないとなかなか合理的に考えることができません。新居での家事分担も考えた上で設計すると素晴らしい仕上がりになるでしょう。

新築で3000万の家を購入するとなれば、建築する場所によっては自分の思い通りの物件をいくつか選ぶことができます。