賃貸オフィスを探すときは最初に何をすればいいの?


まずはネットで基本情報を入手

新築、中古に関係なく賃貸オフィスを探す方法としては、インターネットや新聞広告などが挙げられます。そのなかで最も手軽に賃貸オフィス情報を得られるものは、やはりインターネットです。賃貸オフィスを扱っているほとんどの企業が自社のサイトを開設していますし、不動産系のポータルサイトでも多くの情報を入手することができます。まずは、気になる企業や物件情報を比較検討したり、ポータルサイトの内容を細かくチェックするとよいでしょう。

国勢調査のデータを活用する

賃貸オフィスを選ぶときに最も重要となるのが立地です。オフィス経営では立地の悪い物件を選ぶことが、典型的な失敗のケースとして挙げられます。駅までの距離が遠い物件や、賃貸需要の少ないエリアだと、従業員や顧客が集まりにくいからです。興味を持った物件の賃貸需要を調べる方法としては、そのエリアの人口動向をまとめた国勢調査のデータを閲覧することが挙げられます。国勢調査のデータには、人口の推移だけでなく世帯数や単身者の増減などについても詳細に示されているので、発展が期待できるエリアかどうかの判断材料になります。

インターネットで賃貸オフィスの詳細情報を収集する方法に加え、最後に重要となるのが、取扱業者が持っている専門的な知識です。契約にまつわる法律や税金、さらに物件固有の情報や周辺環境のことなどに精通している人の知識は、賃貸オフィスを選ぶ際にとても頼りになります。可能であれば、特定の担当者と知り合いになり、有益な情報を入手できるようにしましょう。

中央区で賃貸オフィスを利用する際は物件ごとの家賃の違いに注意します。建物が古く、駐車場が無い物件は安く借りることができます。逆に新築に近く、駐車場がある物件は家賃が数倍になることも珍しくありません。